文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 離婚後でも

離婚後でも

2021年08月17日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

離婚が成立して3ヶ月
元旦那から『最近、好きになった人と一緒に暮らすから
子どもの面倒はみれない』とのメールが来た
瞬間に【浮気していたことを隠して離婚したんだ』と思いました
一緒に暮らす女は、元旦那の同僚のようです
私は、夜勤のある仕事なので、子どもが保育園に上がるまでは
協力し合って、面倒を見ることを約束して仕方なく離婚しました
結婚して3年、子どもは一人
離婚理由は『性格の不一致と、生活のすれ違い』とのことでした
離婚後も、妻として至らない部分があったことを自分で責めてたし
元旦那のことを好きだったままの離婚だったので
一緒に暮らすからは、さすがにショック過ぎて・・・
離婚成立後に、女の存在を打ち明けるのは
あまりにも卑怯ではないでしょうか?
こういった場合どうしたら良いのでしょうか?

こんな電話相談がありました

浮気相手の方がいいな~と、思ってきた頃
離婚して一緒になれないかな~と、考えてしまった時
浮気が本気になった場合は
この先、浮気相手に迷惑をかけたくない
バレずに離婚したいという、ズルイ考えになるのが一般的です
女がデキたらから離婚してくれ。なんていう人はいません
モロモロの証拠があっても、認めないバカもいるくらいです

この忠告は、探偵日誌を通して何度もしてます
「性格の不一致」で離婚をしている人の割合は多く
全体の50%以上を占めているといいますが
【性格の不一致だけの理由で、そこそこの要求を受け入れ
離婚を急ぐようでしたら、異性の存在を怪しんでください】
あれもやるから、これもやるから
早くハンをついてくれといってきたら絶対に怪しんでください(-_-;)

今回の相談者は
「とりあえず、お互い一人になって考えよう」と別居して
半年後には、ちゃんと子供の面倒は見るからといって離婚しました
当時、元旦那はワンルームのアパートを借りていました
ココには女の気配はなかったといいます

どうしても悔しいというので、調査依頼を受けました
調査内容は、二人の関係性の調査です
過去のことになりますが、調べてみることにしました
同僚の女は、実家暮らしのはずだったのですが
同僚の女名義で借りていたアパートがあるのを突き止めました
そこに行くと、カーテンもなく、もぬけの殻でした(-_-;)
しかし、借りていた部屋の右下左の住民から
【ちゃんと挨拶してくれましたよ~】
【見た目、二人は夫婦のようだった】という証言を得ました
極め付きは
男が来るたびに、女の喘ぎ声が凄すぎて、寝れなくて・・・

元旦那よ、覚悟を決めてください
裁判まで持って行かれるかもしれません
もちろん同僚の女も慰謝料請求されるでしょう
ここは素直に認めて、正式に離婚するしかありませんよ

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表