文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八戸市周辺のテイクアウト飲食店情報 R38テイクアウト

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 婚姻前のパートナー

婚姻前のパートナー

2020年08月17日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

調査の目的の一つは、裁判を有利にするためのもです
調査の報告が終えると、話し合いや調停や裁判が始まります
浮気調査は婚姻後に、というイメージが強いかもしれませんが
婚姻前のパートナーからも多くの浮気調査の依頼があります
最近はコロナの影響もあるのでしようか
婚姻前の調査が目立つような気がします
婚姻前の調査の目的のほとんどは《ピリオドを打ちたい》です

婚姻前のパートナーの依頼者のダントツは40歳手前の男性です
最後の恋の時期だからなんでしょうか
その交際相手に多いのがバツイチ子持ちで依頼者より少し年上の
相対的貧困のシングルマザーだったりします
必死に頑張る姿に同情してしまうのでしょうか
シングルマザーはぶっちゃけモテるようです
優しくて、包容力があるので、気楽に居られるのかもしれません
調査の結果、生活費をカバーしてもらってるのに浮気してるんですから
困ったものです。人は裏切る動物なんでしようか(-_-;)

民法において、婚姻関係にある夫婦には『貞操の義務』があります
ですから『性的純潔を保つ義務』を守らなかった場合は
離婚の原因が発生し、慰謝料の請求をすることができます
婚姻前のパートナーの場合は、プロポーズを受けていたり
結納を済ませていたり、長年同棲をしている場合等は別ですが
必ずしも慰謝料の請求ができるわけではありません
婚姻前のパートナーは慰謝料が望めない分
探偵に大金をかけて依頼をするのには抵抗があるようです
できるならば《自分で見破りたい》という人がとても多いです

だからといって、スマホを覗いたり、GPSを駆使することは
軽犯罪にふれるし、やったとしても
ろくなことがありませんので止めてください

調査なんかしなくても、下記が3つ当てはまれば、きっと浮気してます
1.パートナーからの連絡が減ってきた、細かいことを教えなくなった
2.部屋に呼ばなくなった、入れてくれなくなった
3.お金や時間があまり無い。という話が増えた
4.服装や身につけるモノが変わった
5.会いたい!とか、会えないかな?と、誘わなくなった
6.理由を付けてエッチを拒むようになった
7.突然ダイエットを始めた
8.スマホの扱い方が変わった
浮気を感じたら、話し合いをすることで判ることもあります
婚姻前のパートナーであれば
いいあんばいに、スーッと身を引くのもアリじゃないかと思います

婚姻前のパートナーから浮気をしているか、していないかの
調査をする価値があるか? 無いか?と、聞かれることがありますが
私の場合、ケリをつけるためスベならあり。と答えています
やり直すためのスベもありですが・・。
元依頼人が「浮気をしたら●●万円を支払う」という文言を入れて
彼と誓約書を交わしたと、私に連絡をくれた夜に、その彼は
他の女の肩に手を回してマチニワの前を歩いてました(-_-;)
最近はねダメなものはダメ。という人が多くなった気がします

婚姻前のパートナーの場合
浮気相手の【素性】調査は、ほぼお断りしています
しないと誓ってても、復讐に走る人がいるからです
家族や会社に電話したり、物を壊したり、ストーカーに変貌します
どんなに辛い思いをしたとしても、復讐は犯罪行為になります
藁人形に五寸の釘、ローソク二本でカンカンカン、コワッ(-_-;)
犯罪行為にならないだろうが、はね返ってきますのでやめましょう
婚姻前のパートナーであれば恨みっこなし
サッサとケリをつける勇気も大事です

長引くコロナ禍で、ストレスがかなり溜まっているはず
体を動かし、免疫力アップで、特別な夏を乗り切りましょう

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表