文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八戸市周辺のテイクアウト飲食店情報 R38テイクアウト

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 月病

月病

2020年07月06日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

4月は入学、就職、異動などで新しい環境に変わる
やる気満々でも、環境の変化に順応することができずに
ココロも身体にもストレスがかかり、うつ病を引き起こす
これが、5月病ならば、この時期に起こるのは、6月病であろうか

梅雨の時期の調査依頼は、嫌いだ
梅雨の時期の湿度は80%越えムシムシ(-_-;)
梅雨の時期は、眠い日が多くなる
今日も眠い日だな~・・と、パッとしない日が続き憂鬱になる
今や、コロナのせいで、イベントもなくテンションはダダ下がり
気圧の変化もあり、肩こり、関節痛、頭痛と体調も崩れていく
通常ストレスと、コロナストレスがかけ合わさって
元々精神的に弱い人にとっては、かなりしんどい時期である
うつが表面化してきて、精神科や心療内科が忙しくなる
と同時に、探偵には、手の付けられない依頼が舞い込んでくる
その多くは、近隣トラブル、盗聴盗撮、浮気等の妄想調査である

町内会でも評判の良かった人が
近隣とトラブルになって依頼をしにくることがある
例えば『町内のみんなが私に嫌がらせをしてくるから
それらの証拠を集めてほしい』と依頼をしてくる
本当に嫌がらせが起きているとも思えるが
場が和み始めると、非現実的な話が始まる
例えば『全ての人が私を睨みつける』といった具合だ 
本人は、本気でどうにかしようとしているのだが
大胆な言動や行動によって、近隣トラブルが悪化していくようです
社会的権力を持った人は、ご近所トラブルでは済まされない
レベルのトラブルを起こしている人もみてきました(-_-;)

盗聴調査の電話が来るたびに、登録名を更新するようにしています
●さん1回目⇒●さん2回目という感じです
一度調査をしたことがある人からは、もうお金はとれない
だから、たくさん話を聞いてあげて
不安を取り除き相談で終わるようにしてます
6回続いている人から昨日電話があり(-_-;)7回目に更新です

掃除のアルバイトをしている最中に
自宅に女を連れ込んでいるから証拠を掴んでほしい
初めは、本当に女を連れ込んでいるような話をしてきますが
すぐに、あり得ない内容で話しはじめます
『自分の趣味であるパズルの続きを、女と夫が一緒にヤッテしまう』
といった具合です
今晩調査です。結果は白に決まってて、今後の対応の方が大変です(-_-;)

これらのような場合に考えられるのは、認知症や被害妄想です
統合失調症や妄想性障害による妄想です
妄想型の統合失調症や妄想性障害は
中高年になってから発病することもあるそうです
(あくまでもホームページの閲覧による)

●月病に必要なのは、探偵の調査、叱責、説教、説得ではありません
【治療】です。病院に出向くようにしてください
●月病に最も効果を期待できるのは【ちゃんとした睡眠】です
朝はカーテンを開け、太陽の光を入れるようにして
寝る前には、ゲームや閲覧などでスマホを見ないように心がけよう

梅雨前線は8日にかけて西日本から東日本に停滞らしいので
自然災害にも注意が必要です

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表