文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 調査のご予約

調査のご予約

2020年04月27日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

高校生や10歳未満の男児も新型コロナに感染
感染経路が不明なのが怖い(-_-;)
会社や学校が休みになったことで
浮気が出来ない状況となっている
浮気調査が8割を占めている探偵にとって危機的状況である
 
多大な神経質・考え方の違い・育児ストレス・無職ストレス・・
コロナがきっかけで離婚をした人、考える人が増えています
実際にSNS上での、つぶやきも多く見られます
こういう時期だからこそ
夫婦が、力を合わせて協力していきたいところなのに
夫の不満を浮気相手に電話で愚痴っている不倫妻がいた
私が音声を聞いてるとき、相談者は煙草をふかしはじめ
隠しきれない苛立ちを足元にみた(-_-;)
 
※下記の内容はかなり脚色してあります
浮気妻「うん、●からずっと家にいるからさー、うんざりだよ」
  男「・・・」
浮気妻「夫の今月の給料が最悪だったし・・・・」
   「●●君のお仕事は、影響ないからいいよね~」
  男「・・・・・・・」
浮気妻「除菌除菌ってうるさくて、しょっちゅうケンカばっかり」
   「●●君と違って、価値観全く違うんだよね~」
  男「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
浮気妻「ありがとう。早く会いたいね」
  男「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
浮気妻「わかった、コロナ離婚目指すね、バィバ~イ」
 
妻がコンビニの駐車場で、電話しているのを何度か見かけた
カマをかけて聞いたときに、正直に話してくれれば
それで終わったのに、嘘をつかれたので
使い慣れた会議用のiCレコーダを時間設定をかけて
車両に仕掛けた結果のほんの一部の内容である
妻の声しか録音されていなかったが
電話の相手は、早く会いたいと願う●●という男性で
相談者とは、コロナ離婚を目指していることが判明した
相談者の落ち込みあんばいは、ハンパなかった
依頼には至らなかったが
コロナが収束して、妻が動き出したら徹底的にやってやる!!
といって事務所を後にした
調査をしたくて、ウズウズしてる配偶者が多くいると思われます
 
夫婦が離婚の合意をすれば、理由なんでどうでもよいのですが
民法で定める離婚理由は以下の通りです
■不貞行為
■悪意の遺棄
■3年以上の生死不明
■強度の精神病
■その他婚姻を継続し難い重大な事由
 
浮気妻が企んでいるコロナ離婚は
その他婚姻を継続し難い重大な事由に当てはまるかどうかですが
価値観の違いだけでは、当てはまらないと考えます
ただし、コロナによって増えているDVやモラハラであれば
頻度や度合いによっては離婚が認められるケースもありますので
イライラピリピリは注意が必要です。と相談者に伝授しました
 
持論ですが、コロナ離婚をふせぐためにも
家事の分担、出来るものから黙ってやってみる
適度に距離をおく、ベタベタそばにいない
コロナに対する気持ちや考え方をなるべく理解し合う
暗い情報やニュースを見ていると、気が滅入ってしまうが
感染しないように
死なないように
家庭が壊れないように
会社が潰れないように
日本が新たに何十倍も成長できますように
 
調査のご予約は「一般社団法人東北調査業協会」の会員へ

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表