文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 2015年 > バリアを張れ

バリアを張れ

2015年11月09日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

不貞行為をされた依頼人の話から
浮気する方の心理をちょつこら解明してみました

【好奇心】
人は異性に興味があるのは当然です
異性に対する好奇心を満たすために欲求へと変化してしまう
その欲求が溢れ出すことが、不倫のはじまりです
家庭が上手く行っている場合の人に、多いような気がします
家庭を壊したくないけど遊びたい
職場不倫のケースに多くあります

【認められたい】
人は自分の存在位置をいつも意識しています
周囲から認められたいと思っています
そして、関心を引こうと手を打ちます
その結果、異性が振り向いてくれれば、勘違いする
これが不倫の始まりです
このケースも職場での不倫が多く見られます

【不満】
「自分の気持ちを理解してくれない」
「拒まれた」「話をよく聞いてくれない」
「なにをやっても褒めてくれない」のような不満を
解消するために異性を求め、エスカレートすると、不倫の始まりです
女性が浮気するきっかけの第一位と思われます

【寂しさ】
人は心の寂しさを紛らわさないとやっていけません
「居場所がない」「全く頼りにしてもらえない」
「心の穴がポッカリ空いた」
これらの寂しさを、埋めてもらおうと
異性に求めると不倫の始まりです
男性は飲み屋の女性にハマル事が多くあります
これで浮気した女性は、後戻りが出来ない気がします

【ストレス】
男女とも仕事や家事などのストレスを抱えているのがほとんどです
ストレスを異性で紛らわそうとする人は少なくありません
浮ついた心には、異性の交わりで強く快楽を得てしまいます
やけくそ感たっぷりのアソビ不倫

【地位】
社会的な地位を獲得した人の中には
新たな展開として異性を求める人がいます
金と地位さえあれば何とやら
こんな人にぶら下がってるひとは、妾とか2号とか呼ばれます
本妻は割と気にしないのがこのケースです

【本能】
性欲を満たすため1人では満足できない人もいます
このような人は、新たな異性が救世主としてみえたりします
こんな人はどうしようもありません

人間なら【】に必ず当てはまります
たくさん当てはまるから浮気するとも限りません
浮気心をどうコントロールすればいいのか
異性へと走らない方法はあるのか
自己暗示はどうかけるのか。と、考える必要はありません
答えは簡単です
《異性以外》に求めればいいのです

どーーしても異性を求めたいなら
至難の業ですが
《浮気に適する相手を選ぶ》ことです
異性アソビをしたいなら最も重要なことです
どんなに境界線バリアを張っても
打ち破ってこようとする異性を選ばないことです
上手く遊んでいる人はお互いに境界線バリアを壊しません

一般世間では不倫は過ちとされています
過ちを恐れず試みると、なにかを必ず失います
不倫の結果、新たな【】を生むことになります
そして、多くの犠牲者を生むことになります
【】スパイラルは続くものです
不倫しないのが一番ですね

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表