文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 2015年 > 犯罪の助長

犯罪の助長

2015年08月03日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

探偵業者からの情報を受け取り、凶悪犯罪につながった事件が多くある
一番に報道されているのがストーカー事件だろう
でも、探偵がストーカーの助長しているような報道やコメントは
「冗談じゃない!!」と腹が立つ
探偵はストーカーの味方というイメージの報道はやめてくれ

男女問わず「ん・・この相談者、怪しいな」と
電話越しに感じる相談者は確かにたくさんあります
犯罪の手助けをすることがないように、初段階で断ります
たまーにですが「そんなコト調べてどーすんの」と
軽くお叱りすることもあります
ドラマや漫画では、探偵は何でもかんでも依頼を受けるイメージで
描写していますが、それはありえません
本当の探偵は【赤の他人】からの依頼は断りです
【元】がついてても、ダメなときはダメです
元妻の居場所、元彼女の行動、元職場の同僚の住所ときたら
調べる理由が正当でなければ、一切お断りです
金を貸した女友達と連絡が取れない。と相談されて
「いやー・・気の毒に。すぐに探し出しましょう」とはなりません
その借用書がなければ、お断りされます

依頼者に嘘をつかれて探偵が情報を仕入れ、それがきっかけで犯罪をされたら、
廃業に追いやられます
それを考えたら、犯罪を助長する探偵さんはいません
いたとしたら、探偵のお面をかぶった悪徳業者か
探偵がガッツリ騙されたケースだと思います
犯罪絡みの依頼を受けないように、探偵業法があります
依頼者と契約を締結しようとするときは
違法な行為のために用いない旨を示す書面を交付します
でも、書面の交付にナンボの効力があるのかな?
「違法行為だから依頼は出来ないわー」って思ってくれるかな
おそらく皆無でしょう
場合によっては免許書などの身分証明提示やコピーや
対象者との関係を証明するものを提出してもらうことがあります
お堅い探偵だなー。と思われたって
犯罪に巻き込まれたくないです
依頼人の虚偽が発覚して即、調査を中止したこともあります
それでも引き受けてくれる業者が見つかるまでは諦めないだろう
ストーカー気質だけに・・(恐)

個人情報保護法に
【個人の権利利益の保護をすることを目的とする】とありますが
悪徳業者へのダメージは、ほとんどないでしょう
逃げれば逃げるほど追いたくなるもの
隠せば隠すほど、探し出したくなるもの
これが犯罪者(人間)の底知れぬ心理ですから(汗)

YouTube・Facebook・アメーバ・Twitter等を通じて安易に情報を
入力して個人情報をバラまき【犯罪の助長】をしているのは
自分自身だというコト
権利利益・・先ずは自分自身で守ってください

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表