文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 探偵のアドバイス

探偵のアドバイス

2017年09月04日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

50歳代の専業主婦、A子さんから浮気調査の相談がありました

A子さんの娘、●子さんは事務職をしていて
会社の車で外回りをしていたときに
父(夫)が運転する社用車が信号待ちをしているのを目の当たりにした
後部座席には、肩をすぼめるようにして、女の人が乗っていた
と、娘から聞いたので
「●子が、見たらしいけど、一緒にいた人は誰なの」と問いただすと
動揺した口調で
「あ~・・あれは、仕事関係の人だよ」と、答えた

それ以来【夫が不倫しているかもしれない・・・】
そう思うだけで、動悸がして眠れない、物が食べられない
夫から離婚話が、いつかくるのではないかという不安で
心に全く余裕がなくなってしまった
夫も私が疑いだしたのを確信しているようで
1ヶ月ほど、泥沼状態が続いているという

「先ずは、事実を確かめないといけませんね」と、調査を勧めると
「しょっちゅう携帯をいじっているから
LINEのやり取りをしている相手がその女に違いない」と言い切った

いろいろと話を聞いていくと
A子さんは、事実を知るのが怖い様子
調査の話にならないのは、夫は愛情の対象であるとともに
生活をしていくための【リソース】を失いたくない
絶対に離婚したくないのだと感じ取った

夫を支え、夫は家族のためにリソースを稼ぐ
このパターンが、25年以上も続いてきたのに
アル女性がポッコリ現れて【資源】を失うなんて想像できる方がおかしい

調停で争う、裁判を起こす、慰謝料請求するにせよ
対処次第で、有利になるか不利になるかが左右されてしまいます
今のフワフワした考え方に正しい、正しくないは存在しません
まずは、事実を確認することです
事実が確認できたら、考え方も変わってくるでしよう
事実を知ることで、思考の柔軟性も生まれますよ
夫を手放すより取り戻す方が得策、と考えるなら
夫には逃げ道を用意してあげる
きっちり調査をして証拠を固めて
弁護士を通じて、女性からフェードアウトしてもらうような
形をとってもらえばいいと思います(`・ω・´)

なーんてカッコいいことを言ってみましたが
やっばり、調査をする話にならなかった(-_-;)
ここで、お節介探偵は、アドバイザーに変身します

浮気している、していないにかかわらず
幸せを、自分で取り戻してみたらどうですか
その時は、本来の自分を封印して、解決していく
今のまま、過してしまうと、夫への気持ちも薄れ、それが夫にも伝わります
長年連れ添うと「疑って、ごめんね」の一言が
どうしても出てこないけど、勇気を出して、言うだけで
夫婦間の空気はガラリと変わるはずです
その後は、居心地のよい場所、癒しの空間を作る努力をしましよう

愛されたいというイメージは女性に強いけど
夫(男)も愛されたいという気持ちは強く持っているもの
エッチがご無沙汰であれば、「スキンシップ」をとるようにする
そして「女磨き」これも頑張らないと、浮気されますよ~

事実を知ることが悲しみであれば、
騙されていることが幸せなこともある
開かない心のドアを押し続けてもダメっす
もしかして・・引くと開くのかな?と考えることも必要です

・・・・・

「なんかスッキリしました。お話しできてよかったです。
アドバイスありがとうございます。何かあったら、またお電話しま~す」

内心、カウンセラーじゃないんだよね~(-_-;)とおもいながら
「いつでもお電話ください」と伝えた
結局、調査の話には、一切なりませんでした。チャンチャン・・

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて20年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表