文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八戸市周辺のテイクアウト飲食店情報 R38テイクアウト

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 依頼予備軍増加中

依頼予備軍増加中

2020年04月06日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

東京近郊に住んている学生時代の友人から、リアルな愚痴を聞かされた
新型コロナ騒動になり、夫の会社がノー残業になった
夫が通っていたジムが封鎖すると、ますます一緒に居る時間が増えた
ちょっとしたコトでも、今までは無かった口論になってしまう
そんな中、夫はパチンコに行っていたことがバレて
感染予防意識の薄さに大喧嘩
今や、まともに会話もしておらず、家庭内別居中
こんなんだったら、実家(東北)に避難したいわ・・・

両親の在宅時間が増えた子どものいる家庭では
コロナストレスによる、虐待、DVも起こっているようです
子どもの目の前で叩き合いの喧嘩をしたり
モノをブン投げたりすることは「面前DV」といわれ、心理的虐待です
もしも、子どもの前で夫婦ケンカをしてしまったときは
『●のことで、パパとママがケンカしちゃったけど
もう仲良ししたし、心配しなくても大丈夫だからね!』みたいな感じで
仲直りするまでのプロセスを必ず伝えることです
そもそも、子どもの前でのケンカは絶対しないことです

執筆中、こんなリアルな相談がありました
夫は●●業の仕事がなくなり、イライラしながら、ずっと在宅している
本当のイライラの理由は、浮気相手の女に会えていないこと
夫の浮気が始まったのは、今年の●月で、バレていることを知らない
不倫を知って、すぐに弁護士さんのところへ駆け込んだ
あとは、証拠を掴んで、慰謝料もらって
晴れてモラハラ夫と離婚するはずだったが
コロナ騒動が始まったので、離婚活動はとりあえず延期に
しかしコロナ騒動は、ますます、ひどくなり今に至ってしまった(-_-;)
ストレスのせいもあり、夫の暴言がひどくなり、離婚したくてしようがない
しかし肝心の決定的証拠が手に入っていない
浮気相手の女とはスマホで、連絡を取り合っているが
これだけでは、慰謝料とれませんよね・・・
これだけ密会する気配がないということは
女にも家庭があるような気がしてなりません
不穏な動きがあったら、また電話します。とのこと
密かに、こんな浮気調査依頼予備軍も増えているのだろうか・・

新型コロナウイルスの影響は、浮気カップルに
さまざまな、変化をもたらしているようです
新型コロナウイルスの影響で余計に熱くなっている
浮気カップルもいるとも聞きますが
感染しているのに症状が出ていない人もいるのを忘れないでください

業務の9割が浮気調査の探偵にとって
こんなことを発言するのは、ますます死活問題になりますが
「新型コロナウイルスの収束のためにも、今は浮気も我慢です」

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表