文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 教育虐待

教育虐待

2020年03月02日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

【教育虐待】よく耳にするようになった言葉です

教育熱心な親が、子どもの成績や態度が悪いと
暴言をはいたり、暴力を浴びせたり、ネグレクトしたり・・
「子供の将来の為」とか「よかれと思ってとか」
自分の行為を正当化させているけど
「感情のコントロールができない人間の教育」だったりする

夫らしい人、又は元夫だったらしい人から
「妻と子供が出て行った」
「子どもと会いたい」
「妻たちの居場所を探してほしい」との電話相談がよくあるが
この調査を引き受けて、大丈夫だろうか??
事情があって、必死に夫の前から身を隠したのではないか??
と、とっさに疑念を抱く

探してどうするのですか??と聞くと
一番多い答えが「家族と話がしたい」です
失礼ですけど、裁判所からの接近禁止命令や
警察からの警告や禁止命令はでてませんか??と聞くと
ほとんどの相談者が、答えを濁します(-_-;)
ちなみにほとんどが、非通知での電話である
この状況では、調査はお引き受けできません。と丁重に答えても
カッとして、切れた言い方に変わったり
なかなか引き下がらなかったり
威圧的に文句を言ってくる相談者もいます
これじゃ、俺も怖いもん・・・
こんな親に育てられ、精神状態が悪くなり
心療内科を受診する子どもを知っています
子どもを親が支配したらダメなんです
子どもの意思を尊重して育てていくべきです

「教育虐待のスパイラル」が明らかになった事件がありました
教育虐待がエスカレートして
父親が小学生の子どもを包丁で刺して殺害し懲役13年
この父親も、親に包丁で脅されて勉強をさせられた経験があった
さらに、この祖父もその父に厳しく育てられていた(-_-;)

勉強よりも親子のコミュニケーションが大事なんです
子どものしつけは一時的な感情でカッとすることなく
言葉を選び論理的に説明してあげるコト
子どもがやる気スイッチを押したタイミングで
親がサポートしてあげればいいのです

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表