文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 働き方改革

働き方改革

2020年01月06日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

明けましておめでとうございます。

年々減っていく、年賀状には、寂しい思いをしています
プライベートでの年賀状のやりとりは高校時代のクラスメートの
さとう君だけになりました(-_-;)

数十年前の卒業アルバムなんかには
名前と住所と自宅の電話番号が当たり前のように載っていました
なんかあったときのための、緊急連絡先が、事業所のどこかに
ズラリと貼り付けてあることもありました
今や個人情報が簡単に知られないようになっているから
住所なんかは、直接本人に教えてもらわないと
知ることができなくなったことも
年賀状減少の理由の一つだと思う

やはり最大の理由は、スマホの普及だと思います
スマホが普及する前は
年賀状で新年の挨拶や近況報告をしてたけれど
普段からメールやSNSで、近況を知っているから
面倒な年賀状のやり取りをしなくても大丈夫!!
と、いう時代になってきてるのだと思います

同様に、普段から近況を知っているから
記念行事にわざわざ会わなくても平気だわ
という不倫関係も増えたような気がします
探偵である私が、年々、行事気分を味わう機会が
増えてきているので間違いないと思います
働き方改革が、うまくできる業種でありませんが
いい感じでお休みがとれるようになりました(-_-;)

去年の12月は三つの浮気調査を抱えていましたが
■お父さんは、送別会だと偽って
20日に高級ディナーの後に高級ホテルへお泊り
■お母さんは、日曜出勤だと偽って
22日にラブホテルで八時間のフリータイム
■お父さんは、出張だと偽って
26・27日に彼女のお部屋に二連泊
どちらの、おっとさんもおっかさんも
「12月24日の日没から12月25日の日没まで」のクリスマスには
子供と妻、夫の元にしっかりと早めの帰宅をしておりました

記念行事に十分な、家族サービスをして、株上げしておけば
その前後に不倫な出会いがあったとしても
怪しまれにくくなるだろうな~と踏んでいるのでしょうが
探偵の息がかかれば、行事ズラしなんてお見通し
ご注意アレ
お盆もクリスマスもお正月も、なかなか休むことができない
探偵の私ですが
正月三が日は、しっかり休ませていただきました
今年もよろしく調査いたします
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表