文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 探偵の出番

探偵の出番

2019年04月29日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

『勤務先調査は、どのくらいかかりますか』と電話相談があったので
『養育費が支払われていないのですか』と聞き返すと、その通りだった
1●年前に、浮気調査を依頼した、元依頼人であることを明かしてくれた

当時、調査の報告を終えて、公正証書を作ることを強く勧めた私は
公証人役場まで送ってあげたらしいが・・(忘)
『その時に作った、公正証書が役に立ちます』と
軽やかに話してくれましたが、あまりいいコトではありません

話によると、再婚した際にその子供を養子にした
どこでうわさを聞き付けたのか
『養育費もう払んねーがら』とLINEで伝られ支払いがストップ
父親を完全放棄してから半年が経つ
再婚した夫には、もういいんじゃないの。。と言われたけど
浮気されたのに慰謝料をもらえなかったので
子供の養育費だけは、しっかり貰おう。と公正証書をつくったのに
未払いの月が1●回もあるんだ。と、嘆いていた

公正証書を作り、お金を支払う約束をしていても
お金にだらしがなくて、支払わないケース
どちらかの再婚を機に支払いが滞るケース
生活を維持するのに精一杯で、払いたくても払えないケース
様々な理由があるのはわかりますが
死んだとしても、親子関係には変わりはない
約束の時期までは、子供を養育する義務があるのに
実際に養育費を受け取っているのは2割あるかないか。と聞いたことがある

どのような離婚をしたとしても、絶対に公正証書で残しておくことです
更には【支払いをしなかったときは強制執行を受けても構いません】
といった文言を必ず入れて作ること
差し押さえできる財産には、債権、動産、不動産とありますが
動産、不動産については手続きが簡単じゃないから
手始めに、給与の差し押さえ。となろうかとおもいます

もしも、銀行預金の口座の有無を調べようとして弁護士に依頼した場合
所属弁護士の申請を受けた弁護士会が銀行に対して
預金口座のモロモロを照会することがあるそうなのだが
法的な強制力はなく、個人情報保護を理由に返答拒否をする銀行も多いらしい

今回の相談者は元夫と連絡がまったくとれなくなったので
内容証明郵便を自宅に送りつけ、プレッシャーを与えている最中だ
それでも、連絡が来ないときは、勤務先を調べて強制執行を行う予定である
裁判所は勤務先を調べてくれません
行政でも個人情報の問題があり、開示はしてもらえません
弁護士でさえ調べることはできません
自力で調べるか、知人からの聞き取りをして確認する必要がある
それでも、ダメな時には、調査のプロとして探偵の出番です
弁護士からの紹介で調査を依頼してくる方も多いのが実状です

現在、無職ではないことを切に願います

個人情報とやらは、やっかいなもんだ(-_-;) 
数年前の報道で、支払い義務を負った債務者の預貯金口座を
裁判所を通じて特定できるシステムを導入する。なんて
あったけど、どうなったもんだが・・・

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表