文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 弁護士

弁護士

2015年10月26日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

弁護士さんのイメージは?と聞かれたら・・
正義感にあふれている
一生懸命になって問題を解決してくれそう
敷居、プライドが高くて話しにくい
その他、さまざなイメージがあるだろう

正義感に溢れててテキパキと仕事をこなすというような
ドラマのような姿を想像して
弁護士に接するとケチョンケチョンにされますよ

初回の接見で多く聞こえてくる涙話が
■話を真剣に聞いてくれない
■依頼を受けてくれそうな気配が全くない
■あなたの方が悪いんでしょと罵倒された
■連れて行った子供がうるさいと突然帰された
直接的に弁護士さんを知っている訳じゃありませんが
当社に訪ねる前後に弁護士さんのところへ行ってきた方たちの
お話が、ガンガン耳に入ってきます
ある意味、弁護士良し悪しセンターみたいなもんです(笑)

離婚問題は、心の問題を伴うことがよくあります
カウンセリングとは言いませんが
心情的な話を聞いてあげるダケでもいいものですが
ほとんどが、してくれません。それが普通かもしれません
しょせん法律家なんだ。と、思うしかありません
とてもいい弁護士さんと会ってきました。と言う人は
メンタル面で優しくしてくれたという理由が多いです
接見したことのない人は知らない世界ですが
医師に置き換えたら、納得するとおもいます(笑)
士とは、特に学問・道徳などを身にそなえた尊敬に値する人物
と、コトバンクにありましたが・・・

裁判もしてないのに相談の段階で結論を言い切る
今後の展開を予想してくれない
弁護士だけが、相手と示談交渉できるのにもかかわらず
それらをほとんどしない話も聞いたこともあります
めんどくさい。金にならない。ミスをしたら
自分の責任になるから。と、仕事を選ぶ弁護士もいるようです

いい弁護士に出会えれば、鬼に金棒なのに
現実は、なかなか簡単にみつからないようです
じゃ、どうやって弁護士を探せばいいの。とよく聞かれます
ベタな回答ななりますが
知人・親戚に弁護士がいるのであれば、一番いいと思います
弁護士会に連絡し紹介してもらう
依頼をしたことがある人に評価を聞き、悪ければ、ヤメです
メールで問い合わせ、返信に時間がかかり過ぎはヤメです
電話で問い合わせ、教育のなってない受付だったらヤメです
立派なホームページに騙されない
お金に余裕があれば、セカンド・オピニオンも視野に入れる
私の結論としては
実力はともかく、気の合う弁護士かどうかが鍵だと思います

弁護士といえどサービス業です。それなのに
そこが分かっていない弁護士がたくさんいるのが現実です
こんな弁護士に依頼したらストレスになるだけですから
慎重に探してください

離婚問題で弁護士さんのところへ相談にいく場合
相手は、カウンセラーではなく、法律家と心得て・・からの
●証拠をキチンと揃える
●今後のプランをしっかり立てる
●身の上話をしない。問わない
●自分だけが。と、被害者ぶらない
●妄想や想像を語らない
●泣かない

調停の段階で弁護士さんに依頼されるケースもありますが
調停は1人で十分することができます
根本的に自分の意思が大事ですから
本来は自分でするべきだと考えます
勝利の基本となるのは調停委員を味方につける戦術です
事務所にてご相談くだされば、こっそりと、おしえまーす(笑)

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表