文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 2015年 > 慰謝料

慰謝料

2015年06月08日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

バブル時期には離婚数が少し減りましたが
今や、3組あたりに1組が離婚している
戦後まもなくから一貫して離婚は増え続けている
最近の長引く不況で失業率が上昇すると
それに伴って離婚数も増えてきています
不況の中で伸び悩む結婚数、増え続ける離婚数・・なぁーむー
夫婦生活には【愛】も大事ですが
やっぱり・・【お金】も必要だということでしょう

離婚原因の第一位は、性格の不一致となっていますが
調査依頼の原因は、異性(浮気)問題が第一位です
依頼人のほとんどの方が、慰謝料の話を持ち出してきます

貰えるほうは、ナンボでもたくさんほしいもの
証拠をバッチリ撮って、配偶者、浮気相手から高額慰謝料を貰う
その考えは間違いではないのですが
無い人からはもらえません
配偶者との浮気相手が、アルバイト収入ならまだしも
無職なんて人物だったらお手上げです
私個人の意見ですが、そんな人は金融機関から
借金してでも支払えよ!!って感じです

「お金なんていりません。プライドの問題です」とか
「事実を知りたいだけなんです」
って、言うカッコイイ依頼人もいます
そんな依頼人は、子供がいなくて、まだ若い人か
子供が、成人して、とにかく別れたい人が、よく口にします

不貞による、アイテへの高額慰謝料の請求の最大要素は次の2点
【精神的苦痛をうけた】
【浮気が原因で婚姻関係が破綻した】
ただし自分も浮気しているくせに、浮気されたからといって
慰謝料はもらえません(事実談)
もともと浮気するまえから壊れていた婚姻関係を浮気によって
破綻された場合の慰謝料は「低額」です(汗)

物が壊れた場合の修理費はわかりやすいですが
精神的損害にはお値段はつけにくいもの
人によって、メンタルの強弱ありますから
そこも考慮してほしいものですが、そうはいきません
メンタルに関係なく高額な慰謝料が認められる条件は
●長期に渡り浮気されて離婚に至った
●支払う側に十分な資産や収入があることなどです

芸能人の離婚の慰謝料がナンボ億という報道があります
こういった金額をみて、離婚すれば・・・
と、考えてしまう方もいるかもしれませんが
支払い能力や社会的地位が高いからであり
一般人には全く参考になりません

事実、裁判などの判例からすれば
300万円から500万円の請求に対し一般的には
100万円から300万円の範囲での解決が多いようです
やってられませんね(泣)
私の経験では、アイテからの慰謝料の金額は30〜600万円です
30は無職の若い女性で判決で毎月1万の分割払い
離婚には至らなかったが、探偵料にもなりゃしなかった
600は大手企業の役員で既婚者
話し合いによる和解でキャッシュでした
依頼人は300万頂くつもりでしたが(笑)
あっちは死んでも家族と会社にばれたくなかったようです
離婚には至りませんでした

ま・と・め、慰謝料の金額は
●被害者の年齢・過失・苦痛の程度・財産・職業や社会的地位
●加害者の故意・過失・不法行為の動機・原因・・・その他
これらが、ぐじゃぐじゃからみあっての算出なのです。が、

実は、宝くじのように【運】なのかもしれません(怖)

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表