文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 2015年 > さくら

さくら

2015年01月26日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

数日前、「相談がある。すぐに行く」と電話があった
私は、たまたま、書類整理で事務所にいたので
詳しい内容は聞かずに「お待ちしてます」と伝えると
即行、階段を上がる音がした
ノックもせずにドアを開けられ
20代前半の女性が入ってきた(無神経な若者だ・・)

唐突に「人探しできますか」
関係と、探す理由を教えてくださいと言うと
ニヤケタ顔で「言うんですか」と返答した
私は【出会い系】と直感した
女性は写真を一枚、差し出して
「この人です。名前も生年月日もわかります」
「結婚の約束もしてます」
「職業は大手広告代理店の社長」と答えた

とりあえずココでよかったねー。あのね・・
出会い系の被害で一番多いのは【サクラ】
あらかじめ雇っている人たちを使い
身分を偽り、登録者たちとメールダケさせて
メール料金を登録者たちに請求するわけ
このパターンが被害の中でも一番多いです
貴方の場合ソレですよ
存在するかしないかわからない【囮君】を
探すことなんて、ぜってー無理。と答えると

顔を真っ赤にしてイキがっちゃって
【彼は実在するし、運命の出会いだ】
今はサイトを通して彼とメールをしているけど
【会いたくてたまらない。彼も望んでいるの】
彼の直接アドレスを知るためには
4万円のポイントをサイトから買わなきゃいけない
だから、調査お願いします。ときたもんだ(汗)
あのね・・
チャンとした、人探しは何倍もお金が必要なの
出会うためにお金がかかるサイトなんて
ますます可笑しいと思わないかな
以前、調査した時の詐欺報告の資料を差し出し
「調査はできません」
「脱会手続きしなさい」と2時間後に帰した

昨夜、泣きながら彼女から電話あり
「脱会手続きに金を要求するメールがきた」と
ほらな・・・

被害にあった場合にどうしたらいいか

「警察」に行くケースが多くありますが
具体的な行動を取ってくれるわけでもないですし
大きい案件に対してシカ動きません

「探偵」や「興信所」に依頼は大間違いです
調査費ダケ多く請求されるといった二重被害が
でているのでご注意ください

「消費者センター」は重要消費者紛争について
法による解決のための手続を実施する機関なので
相談にはいいカモしれません
詐欺会社への返金交渉は多く期待できません

「弁護士」
交渉権、訴訟代理権を持っている唯一の存在は
弁護士や認定司法書士です
詐欺会社との交渉をしてくれる存在を考えた場合
何よりも解決への近道となりカモしれません

桜の花見はそもそもタダ見であること
そしてその場限りの盛り上がりをさくらが
パッと咲いてサッと散ることにかけたものだという
【さくら詐欺】が爆発的に多かったころと比べると
少なくなってきたのかもしれませんが
こんな八戸市内にも多く被害者がいます
詐欺と気がつくのは100万円位つぎ込んだ
1年後だったりします
被害に遭ってても被害に遭ってないと思い続けます
金だけでなく心も被害にあっちゃうのです

今や友達や恋人を
SNSを利用して探さないと時代遅れ。という
錯覚さえあるのではないでしょうか・・

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表