文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 介護虐待

介護虐待

2019年02月04日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

私の弟は5●歳、母親と二人暮らしをています
弟は性格的に可笑しなところがあり
暴言暴力で結婚生活をたった●ヶ月で破綻しました

父は●年前に亡くなりました
生前に父と弟はよく暴力沙汰になり
警察を呼んだ事が何度かありました
父が亡くなると弟は家長のように振る舞い始めました
母が一時入院した際に、母の印鑑、キャッシュカード、預金通帳
父から相続したモノを預かるという名目で身に隠しています

私がお盆に帰省した時、母が「たまに弟から虐待をされている」
と話してきました。
足腰はまだ丈夫なのですが、認知症が入ってきているかな??
と、思わせるような言動もあったので
私は関東に住んでいるのですが
夫と相談して母親を引き取ろうと決めています
しかし、虐待を受けているにも関わらず
母親が地元から離れたくない。と言うのです
盗聴器でも仕掛けて、どんな会話をしているのか知りたい
弟の勤務後の行動が知りたい。
との依頼でした

どっぷりと高齢社会を迎えている日本
2006年には「高齢者虐待防止法」が施行された
この法律において「高齢者」とは65歳以上の者をいう
高齢者への虐待が増加してて、殺人事件も起こっている
つまり、法律を作るくらいに、虐待が多いということだ
私も10年すれば、その仲間であるため、真剣に考えてしまう(-_-;)

介護施設などの職員による虐待が、たまに報道されてるから
かなり多いものだ。と、思っている人がいるかもしれないが
それは誤解で、一番多いのが家族からの虐待です
長年の恨みを募らせた息子の嫁が姑を虐待する
という昭和のドラマ的なイメージは古いものであり
今や血のつながった家族が親を虐待する、殺害する世の中になった


認知症がある場合、虐待をする可能性が増えて度合いも強くなるそうだ
息子からの虐待が一番多く40パ、働き盛りの40~50歳くらいに多い

息子の次に、夫の21パ、娘の16パ、息子の嫁、妻の順と続く

虐待には暴力などの■身体的虐待
言葉による■心理的虐待
下半身を触るなどの■性的虐待
勝手にお金を使いこんだり、本人には使わせない■経済的虐待
世話をほとんどしない■介護放棄虐待がある

虐待は相談者のように
2人だけで暮らしている場合が特に危ないという
そりゃそ~だ、誰も見ていないからね(-_-;)

原因は【親が憎い】から起こるわけではなく
介護に一生懸命なほど虐待を犯してしまう
「なぜ、もっと頑張れないのか」と限界を認めることができなかったり
思い通りにコトが進まない介護に
イライラが溜まりに溜まって爆発してしまう
在宅介護を行っている人の25%以上が【介護うつ状態】
認知症の人をうつ病の人が面倒を見るなんて
精神的に追い詰められてて、とても辛い現場の様子が伺えます

男性の場合、1人で問題を抱え込んでしまい
周囲に相談をしないコトが多いらしい
だから周りの家族の方から声をかけてあげるべきです
多くの専門家に関わってもらうことも必要だとおもう
お金がかかるが、虐待をして殺してしまうくらいなら
施設に入ってもらうという選択肢も必要だ

今回の調査の結果、明らかに判明したことは
言葉による心理的虐待と思われる言動や暴言がたくさんありました
【介護うつ】という言葉があるほど介護は苦痛なのです
一人で悩まずに地域の支援センターなどに相談したり
介護者同士の集いに参加したり
介護サービスを活用して少しでもリフレッシュすることが大切です

子供が親を虐待する
子供が親を殺すなんて・・・泣きたくなるよ
国のお偉いさんたちは、そうならない社会づくりをしてもらいたい

私もそのうちの一人です
介護生活は突然訪れるものでもあります
いざとなったときに慌てないよう
今から知識だけでも学んでおきましょう(^▽^)/

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表