文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 調査打ち止め

調査打ち止め

2017年11月27日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

女性から電話相談があった
「ある人が実家に入り込んで、悪戯をしているんですよ・・」

この手の話は、大概・・・である(-_-;)

実家には、母親が一人で住んでいたのだが
母親がボケがはじまり施設に入所することになったため
電話をしてきた娘が、空家の実家を掃除している
掃除には、一週間に二度くらいのペースで行くそうなのだが
行くだびに物の位置が変わるんだとか(-_-;)

●玄関に置いてある灯油容器の位置が変わる
●仏壇の線香の本数が減ったり増えたり
●スリッパの位置が変わる
●カーテンの開き方が変わる
●ロシアの人形、マトリョーシカが小さくなったり大きくなったり
朝起きたら、頭と足の位置が真逆になり、パニックになったことは
あるが・・・真相はどうなんだろ・・

依頼人は、悪戯している犯人は、わかっているが
その人の事を、話すのも怖いので、言えない。と話す
きっと《被害妄想》だろうな・・
モノが動くのは気のせい。ということは無いですか?
と指摘すると
「こんな明確な現象はないでしょ!」と、どやされた

どうしても犯人を捕まえたい。と、早速、事務所に来社してくれた
見た目、普通の60歳半ばの女性だった
モノが動く話以外は、とにかく普通だったから
ん~?本当に悪戯されてたりして・・・ともおもったが
悪戯の度合いが、あまりにも、ちんけすぎて怪しい

依頼人から、実家付近に張り込みをしたら
一カ月もすれば、犯人の映像が撮れるでしょ。と言われたが
そんなに費用をかけなくても、わかりますよ。と
調査期間を二週間に設定し、隠しカメラだけを仕掛けて
調査費用を抑えることにした

調査中は、掃除に来ないので。と、依頼人から、鍵を渡され受件した
一日おきに、デジタルカメラを片手に
室内の様子を比較撮影しているのですが、いまだに変化はなく
もちろん隠しカメラにも映っていません(-_-;)

この探偵日誌を書いているときに
調査状況はどうですか?と、電話があった
「まだ、何もないですね~」と答えると
「必ず犯人は来ますから」と自信たっぷりに言われた
しかし、犯人は現れないだろう

調査の延長をして、お金を散々使わせたら
犯人が来ないのは、調査がバレていたから
と、文句を言われるのが落ちだ
調査期間を減らし、人員使用からカメラに変更してよかった。と思った

終いには、探偵に騙された。と言われたくないから
延長を頼まれても、調査打ち止め(#^.^#)
依頼人にどやされても、病院での診察をチラッと推奨するつもりである(-_-;)
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表