文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 基本的信頼

基本的信頼

2017年05月15日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

依頼人は30半ばの息子と二人暮らし
年金生活で夫とは20年前に離婚している
息子は立派な職業に就いていて、趣味はサイクリングロード
週末には、ロードバイクを車に積んで一泊して帰ってくる
と、言って、ビジホやスパの宿泊した領収証をみせてくれた

依頼人が気にしていたのは、手の中に納まるビデオカメラ
《アクションカム》である
「これで盗撮なんかしていないだろうか」と心配そうな顔
「私も同じものを持っていますよ」と答えると
「やっぱりエロいのを撮ってるんでねーの~」と言う
「自転車に固定して綺麗な景色を撮ってるのでしょう」と答えると
「んだべがぁ・・?」と疑うような返事をした

今度は、息子の部屋に案内されると
PCを開いてほしいと言いだした
いくら息子さんとはいえ、個人情報ですから。と断ったのだが
全部責任を持つから。と言われて、スイッチオン(-_-;)
写真は野郎達と景色ばっかりだった
これが息子だよ。と指をさしてくれた
真面目そうで好青年にみえた
「友達が沢山いて、いいじゃないですか~」と伝えると
「どうなんだが・・・」と、そっけない返事

会話中、私と全く目を合わせない依頼人だった

今年に入り、ロードバイクを積まずに一泊するようになった
そんな時は、動物の毛を靴下とかに付けて帰ってくるそうだ
普通の人なら犬か猫でも飼っている友達の家にでも
泊まっているのだろうと思うものだが
「悪い人と付き合っている」と、依頼人は言う

そこは調べてみないとわかりませんよ。というと
「いや、絶対、悪いことしてる」と言い切った
こんな母親と暮らしている息子が気の毒だった

週末、息子の行動調査を依頼された
調査の結果
独り暮らしの女性宅へ泊まっていることがわかると
「本当に、付き合ってるのかね・・」と言いながらも
女性の素行調査を追加依頼をしてきた

報告時
「5歳年上ですが、落ち着いた清楚な感じだし
ちゃんと仕事もしているし、一緒にサイクリングや
銭湯にも行ってましたよ」と話すと
「いや、きっと裏があるよ」
「彼女の親はどんな人かね~」
「他にも男が居たりするんじゃないの」と
根腐った返事ばっかりの依頼人にイライラした
喜んでくれるのかな~とおもっていた分、ガッカリもした

心の傷というより脳の傷がある気がしてならなかった
人間不信か基本的信頼感の欠如だろうな(-_-;)

何かあったら息子さんが味方になってくれると
信じましょーよ
実際に味方になってくれるかどうかよりも
味方になってくれると《信じることができること》が
大事なんだと思いますよ
自分の事を信じていないから
息子さんも信じられないんです
・・・
こんな内容で、ついつい説教をしてしまった(-_-;)

自分を信じられない人間が人間不信になります
人を信じるためには、自分自身を知り、信じることです
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表